薩摩川内で弁護士をお探しなら清水法律事務所
薩摩川内市をはじめとする地元の皆様のために。清水法律事務所は、民事事件、家事事件、刑事事件等を取り扱っています。地元の皆様から、弁護士に相談してよかった、弁護士に依頼してよかった、と言ってもらえるような事務所を目指しています。 お客様の声はこちら

薩摩川内市の弁護士 > 遺産分割をしたい > 寄与分とは何ですか?

寄与分とは何ですか?

例えば、亡父の生前に、病気で療養していた亡父のために長男が、自ら亡父を看病したり、自腹で付添婦を亡父に付けていたということがあります。そのような場合には、亡父はその分の費用の支出を負担せずに済んだことになります。そうであれば、長男が亡父の財産維持に貢献したとみるのが公平です。この長男の貢献を、亡父の相続時に反映させようとするのが寄与分です。

相続人の配偶者や子などは、相続人ではないので寄与分の主張をすることはできません。代襲相続人が代襲前の寄与行為を主張できるかは争いがあります。
寄与分には以下の類型があります。

ア 家業従事型

家業従事型とは、例えば亡父の事業に従事し、相続財産の維持または増加に貢献(寄与)した場合をいいます。

寄与分額=寄与相続人の受けるべき相続開始時の年間給付額×(1-生活費控除割合)×寄与年数

例えば、家業である農業、漁業、小売業等の手伝いをしたということであれば、それが特別の貢献なのかということの内容を一つ一つ拾い出す必要があります。

イ 金銭等出資型

金銭等出資型とは、例えば亡父の事業に関しあるいはそれとは関係なく、経済的な援助や支援をし、又は亡父の借金を返済するなどして、相続財産の維持または増加に貢献(寄与)した場合をいいます。
また、親が家を新築する際に、子どもが親にお金をあげたような事案もこれに該当します。

具体的態様により異なってきますが、不動産の使用貸借を例にすると次のようになります。
寄与分額=相続開始時の賃料相当額×使用年数×裁量的割合

ウ 療養看護型

療養看護型とは、例えば病気療養していた亡父の身の回りの世話をして、家政婦などを依頼する費用を出さずに済ませたことによって相続財産の維持に貢献(寄与)した場合をいいます。

寄与分額=付添婦の日当額×療養看護日数×裁量的割合
ただし、費用負担額については全額が寄与分額になります。

特別な寄与に該当する療養看護の判断基準は、被相続人がどのような病状であったか、どのような医療介護を必要としたかということについて、被相続人が要介護度2以上の状態にあることが一つの目安といわれています。

エ 扶養型

扶養型とは、例えば亡父を自分の家に引き取って養い、あるいは介護施設に入所させて入所料を負担したりして、相続財産の維持に貢献(寄与)した場合をいいます。

現実の引取り扶養については次の通りになります。
寄与分額=「現実に負担した額」又は「生活保護基準による額」×期間×(1-寄与相続人の法定相続分割合)

オ 財産管理型

財産管理型とは、例えば亡父の財産管理を自ら行って、第三者に委任した場合の管理費用を負担させずに済ませるなどして、相続財産の維持に貢献(寄与)した場合をいいます。

例えば、不動産の賃貸管理では、第三者に委任した場合の報酬額を基準とし、これに裁量的割合を乗じて寄与分額を算定するものとされています。

カ その他

特別の寄与に該当しうるものは、上記ア~オに限られません。
実際には上に記載した類型が競合するものが多いといわれています。
【参考書式例24】(寄与分を定める処分の調停申立書)

誰でも無料法律相談を受けられます。ご予約は0996-27-4321 お問い合わせフォームはこちら

清水法律事務所では、法テラスを利用し無料で弁護士と法律相談することができます。薩摩川内市はもとより、その周辺地域へも対応しますので、トラブルを抱えた方はご予約ください。

弁護士との無料法律相談

清水法律事務所では、法テラスを利用し無料で弁護士と法律相談することができます。薩摩川内市はもとより、その周辺地域へも対応しますので、トラブルを抱えた方はご予約ください。

0996-27-4321メール

薩摩川内市の弁護士 法律相談の流れ 依頼するかどうかはご相談後に検討できます

法律相談を予約する

お電話又は相談フォームより、法律相談のご予約をお入れ下さい。まずはお気軽にご相談にいらして下さい。

法律相談(弁護士と面談)

弁護士が直接詳しい事情や状況を伺い、お客様にとって最善の解決策をご提案いたします。

事件解決を依頼する場合

解決見通し、費用等をご説明しますので、弁護士に事件解決を依頼するかどうするかご判断いただきます。

弁護士の活動開始

弁護士と委任契約が成立した後はトラブル解決へ向けた手続きに着手します。

弁護士との法律相談の流れ 依頼するかどうかはご相談後に検討できます弁護士との法律相談の流れ 依頼するかどうかはご相談後に検討できます

もしもし?相談したいことが

薩摩川内の清水法律事務所に法律相談を予約する法律相談を予約する

お電話又は相談フォームより、法律相談のご予約をお入れ下さい。まずはお気軽にご相談にいらして下さい。

大丈夫ですよ。こんな解決法があります

法律相談(弁護士と面談)無料相談する

弁護士が直接詳しい事情や状況を伺い、お客様にとって最善の解決策をご提案いたします。

家に帰って考えて依頼することにしました

弁護士に事件解決を依頼したい場合依頼する場合

解決見通し、費用等をご説明しますので、弁護士に事件解決を依頼するかどうするかご判断いただきます。

依頼を受けたら、すぐに活動を開始します。

薩摩川内の弁護士の活動開始活動開始

弁護士と委任契約が成立した後はトラブル解決へ向けた手続きに着手します。

薩摩川内の弁護士への事務所情報 連絡先等のご案内事務所情報

清水法律事務所

代表弁護士 清水秀郎

代表弁護士 清水秀郎

法律を味方にして、あなたの立場や利益を最大限に守ることができるようお役に立てたらと思っています。お気軽にご連絡ください。

所在地

〒895-0026
鹿児島県薩摩川内市東向田町2-33
下迫田ビル3階

連絡先

TEL: 0996-27-4321

業務時間

受付
月火木金 8:40~17:30
水土 8:40~12:00(午前中)
日祝 休み
(土曜午前の法律相談も受け付けています)