薩摩川内で弁護士をお探しなら清水法律事務所
薩摩川内市をはじめとする地元の皆様のために。清水法律事務所は、民事事件、家事事件、刑事事件等を取り扱っています。地元の皆様から、弁護士に相談してよかった、弁護士に依頼してよかった、と言ってもらえるような事務所を目指しています。 お客様の声はこちら

薩摩川内市の弁護士 > 夫婦別居中の生活費を請求したい > 調停や審判内容を強制したい

調停や審判内容を強制したい

調停あるいは審判で婚姻費用額が決まっても、相手がそれを支払ってくれなければ生活をしていくことができません。そのような場合、相手にその支払いをさせるため、次の手続きを利用できます。

ア 履行勧告

家庭裁判所は、権利者の申出があるときは、調停や審判で定められた義務の履行状況を調査し、義務者に対して、その義務の履行を勧告することができます。
申出の様式は特に定めがありませんので、書面に限らず口頭や電話でもよく、申出にあたっての費用も必要ありません。

勧告の方法は、通常は書面を利用しますが、必要に応じて直接電話をかけたり、面接調査を実施したりすることもあります。
【参考書式例4】(履行勧告申出書)

イ 履行命令

調停や審判で定められた金銭の支払いなどを怠った者がある場合には、権利者の申立てにより、家庭裁判所は、相当と認めるときは、義務者に対して、相当の期限を定めてその金銭の支払いなどをするよう命じることができます。

対象となる義務は、金銭の支払いといった財産給付を目的とする義務に限られています。子の引渡しや面会交流、不動産の登記手続きなどは含まれません。
また、履行勧告と違って申立てを必要とします。そのため、一般的な家事事件と同様に、印紙代等所定の手数料が必要です。
【参考書式例5】(履行命令申立書)

ウ 強制執行

相手方がどうしても決められた婚姻費用を任意に支払わない場合には、相手方の意思を無視してでも取立てる手続きをとることになります。例えば相手方の給与等を差押えることが一般的です。また間接強制といって制裁金を課すことで相手方の履行を促す手続きもあります。
【参考書式例6】(債権差押命令申立書)
【参考書式例7】(間接強制申立書)

預貯金債権を差押える場合は、差押え時点で口座に入金されている預貯金が差押えの対象になります。
しかし、差押えの対象について、普通預金債権のうち差押えされた後の、例えば、差押え時点から1年が経過するまでの入金によって生ずることとなる部分(将来の入金分)まで含めるような申立てはできません。

銀行預金の場合、同一の銀行に対する同種の預金であっても、取扱い支店が異なれば別個の債権と扱われます。
そのため、預貯金を差押える場合、どの支店の預貯金を差押えるのか特定する必要があります。
例えば、鹿児島銀行の本店、川内支店、阿久根支店、出水支店、いちき串木野支店のいずれかに相手方の預金があると推測される場合には、どの支店の預金を差押えるのか特定しなければなりません。これら複数の支店を列挙して、本店を第1順位、川内支店を第2順位、阿久根支店を第3順位、出水支店を第4順位、いちき串木野支店を第5順位というような形で、各支店に優先順位を付けて預金の差押えを申立てることはできません。

複数の預貯金を差押えたい場合には、請求債権額を、差押えようとする各預貯金ごとに割り振って、複数の預貯金の差押え申立てをします。

誰でも無料法律相談を受けられます。ご予約は0996-27-4321 お問い合わせフォームはこちら

清水法律事務所では、法テラスを利用し無料で弁護士と法律相談することができます。薩摩川内市はもとより、その周辺地域へも対応しますので、トラブルを抱えた方はご予約ください。

弁護士との無料法律相談

清水法律事務所では、法テラスを利用し無料で弁護士と法律相談することができます。薩摩川内市はもとより、その周辺地域へも対応しますので、トラブルを抱えた方はご予約ください。

0996-27-4321メール

薩摩川内市の弁護士 法律相談の流れ 依頼するかどうかはご相談後に検討できます

法律相談を予約する

お電話又は相談フォームより、法律相談のご予約をお入れ下さい。まずはお気軽にご相談にいらして下さい。

法律相談(弁護士と面談)

弁護士が直接詳しい事情や状況を伺い、お客様にとって最善の解決策をご提案いたします。

事件解決を依頼する場合

解決見通し、費用等をご説明しますので、弁護士に事件解決を依頼するかどうするかご判断いただきます。

弁護士の活動開始

弁護士と委任契約が成立した後はトラブル解決へ向けた手続きに着手します。

弁護士との法律相談の流れ 依頼するかどうかはご相談後に検討できます弁護士との法律相談の流れ 依頼するかどうかはご相談後に検討できます

もしもし?相談したいことが

薩摩川内の清水法律事務所に法律相談を予約する法律相談を予約する

お電話又は相談フォームより、法律相談のご予約をお入れ下さい。まずはお気軽にご相談にいらして下さい。

大丈夫ですよ。こんな解決法があります

法律相談(弁護士と面談)無料相談する

弁護士が直接詳しい事情や状況を伺い、お客様にとって最善の解決策をご提案いたします。

家に帰って考えて依頼することにしました

弁護士に事件解決を依頼したい場合依頼する場合

解決見通し、費用等をご説明しますので、弁護士に事件解決を依頼するかどうするかご判断いただきます。

依頼を受けたら、すぐに活動を開始します。

薩摩川内の弁護士の活動開始活動開始

弁護士と委任契約が成立した後はトラブル解決へ向けた手続きに着手します。

薩摩川内の弁護士への事務所情報 連絡先等のご案内事務所情報

清水法律事務所

代表弁護士 清水秀郎

代表弁護士 清水秀郎

法律を味方にして、あなたの立場や利益を最大限に守ることができるようお役に立てたらと思っています。お気軽にご連絡ください。

所在地

〒895-0026
鹿児島県薩摩川内市東向田町2-33
下迫田ビル3階

連絡先

TEL: 0996-27-4321

業務時間

受付
月火木金 8:40~17:30
水土 8:40~12:00(午前中)
日祝 休み
(土曜午前の法律相談も受け付けています)